So-net無料ブログ作成

サブフレームCOMP., front [ハードウェア]

JB2のフロントメンバー(サブフレームCOMP.)は、かなりのモデルと共通になっている。JB2 オリジナルだけ海外では価格が異なっているが、パーツリストの適用モデルでは、どちらでも可能と読み取れる。

50200-S2K-000 419.55 USD
 GF-JB2

50200-SAP-000 393.98 USD
 LA-JB2, LA-JB4, ABA-JD1

逆に、ロアアームは微妙に型番が異なっている。

51350-S2K-N02 アームASSY.,R. front lower
51360-S2K-N02 アームASSY.,L. front lower
 GF-JB2

サブフレームには、パワステラック&ピニオン(ギヤボックス) が固定されている。

53601-S2K-J02
 915.97 USD

コーナーポール・スイッチ [ハードウェア]

JB2 のセンターパネルにあるダミースイッチの位置には、「コーナーポール」か「フォグランプ」のスイッチがつけられる。

IMG_0277.JPG

この「コーナーポール」を、ドライブレコードのレコードボタンにしようかと考えているのだが。ちなみに、エアコン吹き出し口の取り外しは、右側からおこなわないと、向かって左側についている抵抗用小さな部品が外れてしまう。

さらに後期型のパワーウィンドウスイッチでフォグランプスイッチをつければフルセットが完成する

IMG_0275.JPG

ミラー部のカプラは、前期(6 x2pin) と後期(8x2pin) で異なっている。AUTOの文字は、後期では電源が入っていれば光るようになっている。

サンバイザー [ハードウェア]

助手席に家内を乗せた時、サンバイザーに mirror がついていないと指摘された。JB3 のサンバイザーは、運転席・助手席ともに mirror がついている。これをJB2に使用することは、全く問題ない。

IMG_0278.JPG

運転席
-------
S2K-0030, F1 NH220L

助手席
------
SAP-J100, Fイ NH220L

※元々ついていたものは以下の型番となっている

運転席
-------
S2K-0030, F1 NH302L

助手席
------
SAP-0030, Fア N302L

型番を見ていると、以下のようにインクリメントしていくようだ。

運転席:F1, F2, F3
助手席:Fア, Fイ, Fウ

ロアスカート(2000/12版) [ハードウェア]

2000年12月のカタログを入手したところ、分かったことをまとめる。

ロアスカートが3種類となって、ブラックの色番が NH-592P から B-92P に変更となっている。これにともない品番も変更になっている。

08F02-S2K-010A
type_zz.png

08F02-S2K-A10A
type_yy.png

08F02-S2K-B10
type_xx.png

ヤフオクの中古品でも、前期型のパーツで NH-592P と B-92P と 2種類ある。しかし Type XX は見たことがない。

ロアスカート [ハードウェア]

初期に設計されたものは以下の型番となっている。
08F01-S2K-010 front
08F02-S2K-010 roof
08F03-S2K-010 rear
08F04-S2K-010 side

front_1.jpg

side.jpg

rear.jpg

loof.jpg

2000年5月からフロントに新しい型番で追加になっている。
08F01-S2K-A10

front_2.jpg

B-18 タイヤ/ホイールディスク [ハードウェア]

タイヤについてはヨコハマタイヤの A-461 が JB2 には、しっくりとする。

42751-SFA-J42
165/55R14 72V
Yokohama ADVAN A-461
\12,800

市販タイヤの印刷物では "A461" となっている。

ホイールについては見た目は同じであるが、以下の4種類が存在する。価格は 418.37USD。

(1) 42700-SFC-J71 (アサヒ)
(2) 42700-SFC-J72 (コウセイ)
  JB5 (DIVA, DIVA BENCH)

(3) 42700-SFC-J91 (アサヒ)
(4) 42700-SFC-J93 (コウセイ)
  JB5 (D, D BENCH)

51ViV3hY3uL[1].jpg

※注意
J71 と J93 は、ヤフオクでもあまり見かけない。
J92 はやや安く 384.48USD でデザインが異なる

Yahoo!カーナビ+Radiko [ドライビング]

ホンダライフ前期型 GF-JB2 の 1DIN のオーディオで iPhone5S から Radiko を聴きながら Yahoo!カーナビで目的地への誘導を体験してみた。時速40km/h~50km/h 前後の町乗りでは十分なアナウンスのタイミングで、交差点を行き過ぎることはなかった。

※試験環境

(1) Honda Radio System (39100-S2K-J01ZA)
GA-NET の規格に対応した CD Changer のコネクタ(14pin)がついており、もちろん1DIN サイズ。2DIN からの脱却希望者にお奨め。

(2) Honda Music Link 2.0
iPod を CD-Changer に見せるアダプタである。ノイズ対策は万全である。JB1/JB2 の場合、ケーブルを 1DIN の右側の隙間にちょうど押し込むことができる。CD-4 として認識される。

(3) ViseeO Tune2Air
Bluetooth の受信部を iPod に見せるアダプタ(レシーバ)である。JB1/JB2 の場合、1DIN の左側の隙間に押し込み、隠すことができる。

これだけの重装備なので、ノイズのないクリアな状態が維持できており、カーナビの音声を聞き間違えることはない。製品紹介で曰く 「not a cheap aftermarket imitation」

給油で一度エンジンを停止させて、再び起動した場合「案内を開始します」と自動的に認識してくれた。ナビのガイダンスが流れるタイミングで、Radiko の音量が自動的に小さくなるのは、本格的だなと思った。

しばらく、乗り回して見ることにする。

Honda Music Link Ver 2.0 [ハードウェア]

Honda が World Wide で展開したものが Ver 2.0 で Ver 1.0 よりやや小型となっている。型番も 08A28-1J1-100 と変更になっている。

Music_link_2.0.png

Gold Crown Electronics 社のホームページには 2006年9月リリースとなっている。

Music_link_2.0_org.png

製造ラインに提供されたのは 2007年モデルからと思われるが、適用モデルは 2004年から 2010年モデルまでとなっている。しかし、iPod の30pin に Bluetooth のアダプタをつければ、iPhone 5s や 6s でもいけると思った。高級車で実績のある Tune2Air の購入を決意した。

Tune2Air.png

これを、換装した CD Player につなげ Bluetooth 化してみることにする。

CD_player.png

この左右対称モデルは、歴代の Honda 1DIN の中でも個人的にお気に入りのものである。 HR-V のマニュアルにも登場しているので米国仕様と相性がいいかもしれないという期待がある。

CD_player_02.png

背面のコネクタは、「アンテナ」、「14pin」、「20pin」 となっている。
実装は、別途報告することにする。

Honda Music Link Ver 1.0 [ハードウェア]

Gold Crown Electronics 社製の iPod アダプタは BMW で採用されたものである。

BMW_001.png

これを Honda が OEM で提供を受けたのが Ver1.0 である。型番は 08A28-1H1-100 となっている。

Honda_001.png

したがって、アダプタ側のケーブル接続部は BMW と Honda で同じものとなている。

connector_001.png

ホンダの場合 「iPod」側は 30pin で、「Radio」側は Honda 14pin (CD Changer) となっている。

Honda_14pin.png

中島悟とN360 [ハードウェア]

Honda Racing THANKS DAY 2015 に JB2-300 で行った。昨年に続き、今年もプロが運転する N-ONE のレースを見るのが目的だった。中島悟の運転する N360 を見て、親父を思い出してしまった。白い N360 を丁寧に運転しているのが、ファインダ越しに見え、胸が熱くなってしまった。

DSC_0032-2.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。